小さな恋人

Posted by admin - 11月 7th, 2012

いっつもはうっとおしいと思う子ども。
でも、いないと本当に本当に寂しいもんだぁ~。

9歳になるお兄ちゃんが、毎年恒例の夏休み1人旅へ出発。
飛行機にて私の実家の新潟へと旅立ちました。
小1の6歳の時から始めたこの1人旅。
よく遊んでくれる私の父を慕うあまり、臆せず1人で旅立ちました。
振り向かずに嬉しそうに軽い足取りで小さくなる背中・・・
小さな背中に大きなリュックを背負って消えていきました。

今年はもう4年生、4回目になるのでお手のもの。
初回から振り向かなかった彼は当然、今でも振り向かず。
しかも今年は「寂しいから行かないで」という私の半分本気の引き留めにもめげず、
「ママも好きだけど、新潟も好きだから」と笑顔で私を振りました(;_;)
彼って本当に私のこと愛してるのかしら!?

っていうのは冗談にしても、
長男を想い慕う気持ちの自分はやっぱり彼を「小さな恋人」みたいに思ってるんだと、
改めて客観的に感じている今日この頃です。

そんな彼は、最近とっても頼りにもなる。
先日は猛暑の中、嫌な顔をせず忙しい私に代わってお使いまで行ってくれました。
セールの広告を握りしめ・・・
でもね、間違っちゃって。
広告商品の1リットル198円の油じゃなく、
同じネーミングの高い版のやつ400ミリリットル400円オーバーのを買ってきました。
酷だと思ったけど、汗だくで帰宅したかれに更に交換に行かせた私・・・
それでも笑顔で行って来てくれた彼・・・
あぁ、ありがとう。やっぱり私、愛してる・・・(笑)

そんな彼がまた可愛らしいことに。
自分の分と、妹の分と、おやつを買ってきました。
男子なのにチョコ好きなの!
きっといつか彼女とチョコパフェとか食べる男子になるんだな~と想像し、
まだ見ぬ彼女にやや嫉妬気味の私です(^_^;)


これがお遣いのヒトコマ。
彼が頑張った証です。
あぁ、会いたくなってきた。早く帰ってきてー!

Comments are closed.

Blog Home